ブラックのシングルマザーの母子家庭でもレディースローンでキャッシングできる?

MENU

キャッシングのブラックとは

キャッシングのブラックとは

母子家庭のシングルマザーを対象に販売されているレディースローンは、すべてのシングルマザーがキャッシングできるというわけではありません。

 

シングルマザーキャッシング業者は利息で利益を得ていますので、キャッシングを利用したシングルマザーがきっちり返済しなければ利益をあげることができないのです。

 

そのため、キャッシング業者は過去に滞納経験のあるシングルマザーについてはブラックとし、審査を通さないという処置を取っています

 

もちろん滞納期間などが関係しているのですが、過去に滞納経験のあるシングルマザーは審査で落とされる可能性があるということを理解しておいたほうが良いでしょう。

 

では、どのようなケースでブラックになってしまうのでしょうか。

 

以下で説明したいと思いますので、レディースローンの利用を検討している母子家庭のシングルマザーはぜひチェックしてください。

 

過去に2ヶ月以上の滞納経験がある

過去に2ヶ月以上の滞納経験がある

過去に2ヶ月以上、具体的に言うと61日以上の滞納経験があるシングルマザーの場合、ブラックとして登録されている可能性があります。

 

「延滞」経験があるとしてブラックになり、シングルマザーキャッシングだけでなくあらゆる金融商品を利用することができなくなってしまう恐れがありますので、ご注意ください。

 

ちなみに、短期間の滞納を繰り返した場合もブラックになり、ブラックが解消されるまで5年程度を要すると言われています。

 

代位弁済の経験がある

代位弁済の経験がある

代弁返済とは、キャッシングをしたシングルマザーが返済不能の状態に陥り、代わりに保証会社が返済を代行するシステムのことを言います。

 

この場合、返済できなくなったシングルマザーは返済能力がないと判断されてしまいますので、ブラックになってしまうのです。

 

ちなみに、代弁返済が行われた場合、シングルマザーキャッシング業者への返済義務はなくなりますが、保証会社に返済していかなければなりません。

 

なお、代弁返済を利用した場合、ブラックが解消されるまで5年程度がかかるとされています。

 

債務整理や自己破産の経験がある

債務整理や自己破産の経験がある

債務整理や自己破産、つまり借金を帳消しにする手続きを行ったことがあるシングルマザーの場合、ブラックになってしまいます。

 

この場合、シングルマザーキャッシング業者の審査に通ることはまずありません。

 

ちなみに、債務整理や自己破産はシングルマザーキャッシング業者に大きな損失をもたらしかねないため、債務整理や自己破産によるブラックが解消されるまで10年程度かかるとされているようです。