シングルマザーの母子家庭対象のキャッシング「レディースローン」とクレジットはどう違うの?

MENU

キャッシングとクレジットにはどんな違いが?

キャッシングとクレジットにはどんな違いが?

キャッシングとクレジットには明確な違いがあるということをご存知でしょうか。

 

キャッシングとは、簡単に言うと金融業者から現金を借りることです。

 

母子家庭のシングルマザーを対象に販売されているレディースローンも、キャッシングに分類されます。

 

一方のクレジットは現金を借りるのではなく、物品やサービスを購入する際に利用できる金融商品です。

 

つまり、クレジットでは現金を借りることができず、レジを通す際に使用できるということになります。

 

では、キャッシングとクレジットにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

以下で詳しく説明したいと思いますので、レディースローンの利用を検討している母子家庭のシングルマザーはぜひチェックしてください。

 

キャッシングのメリット・デメリット

メリット

キャッシングのメリット・デメリット

レディースローンを含むキャッシングのメリットは、やはり現金で借りることができるという点でしょう。

 

スーパーなどの店舗によっては、クレジットカードでの支払いに対応していない場合があります。

 

その点、レディースローンなどのキャッシングであれば現金で引き出すことができますので、クレジットカード非対応の店舗でも安心です。

 

また、キャッシングカードを持ち運ぶ必要がないということも、キャッシングの大きなメリットのひとつと言って良いでしょう。

 

デメリット

シングルマザーを対象に販売されているレディースローンなどキャッシングのデメリットは、キャッシングした金額に応じて利息が発生するということです。

 

とはいえ、クレジットを利用した際も利息が発生しますので、デメリットとは言えないかもしれません。

 

クレジットのメリット・デメリット

メリット

クレジットのメリット・デメリット

クレジットのメリットは、現金を持ち運ぶ必要がないということでしょう。

 

クレジットカードでの支払いに対応している店舗であれば現金を用意する必要がありませんので、財布がかさばりません。

 

また、最近ではインターネット通販を利用している母子家庭のシングルマザーも多いと思いますが、クレジットカードを持っていればすぐにネット通販で決済することができるため、大変便利です。

 

デメリット

クレジットカードのデメリットは、使用できる店舗が限られているということでしょう。

 

そのため、クレジットカードを持っていても役に立たない場合もあります。

 

また、最近はインターネットを通してクレジットカード情報を盗むという事件も発生しており、これもクレジットのデメリットのひとつと言えるかもしれません。