シングルマザーの母子家庭がキャッシングやレディースローンを利用するには審査が必要です

MENU

お金を借りる前に審査を受けよう

お金を借りる前に審査を受けよう

母子家庭のシングルマザーがレディースローンを利用する場合、まずは審査を受けなければなりません。

 

レディースローンの審査は難しいと思っているシングルマザーも多いと思いますが、キャッシング業者が定めている条件をクリアしていれば審査を通過することができますので、まずはどんな審査条件があるのか把握しておくことがポイントにあるでしょう。

 

では、レディースローンの審査にはどのような条件が設定されているのでしょうか。

 

以下で紹介したいと思いますので、母子家庭のシングルマザーはぜひ審査申し込み前にチェックしていただければと思います。

 

年齢の条件

年齢の条件

母子家庭のシングルマザーがレディースローンの審査に合格するためには、年齢条件をクリアしている必要があります。

 

といっても、満20歳以上のシングルマザーであれば問題ありません。

 

20歳未満のシングルマザーの場合、20歳の誕生日を待ってからシングルマザーキャッシング審査に申し込みすると良いでしょう。

 

なお、年齢の上限についてですが、シングルマザーキャッシング業者によって異なりますので、ホームページでご確認ください。

 

収入面の条件

収入面の条件

シングルマザーキャッシング審査において最も重視されるのは、やはり収入面でしょう。

 

基本的には、毎月の収入が安定していれば審査に支障をきたすようなことはほとんどありません。

 

そのため、正社員ではなく、パートやアルバイト、派遣社員などとして働いている母子家庭でも、毎月の収入が安定していればシングルマザーキャッシング審査に合格することができます。

 

一方で、単発のアルバイトで生計を立てている場合、毎月の収入が安定してないと判断される可能性が高いため、シングルマザーキャッシング審査には通らないと思っておいたほうが良いかもしれません。

 

借入状況の条件

借入状況の条件

過去にレディースローンなどの金融商品を利用したことがあるシングルマザーの場合、毎月期日通りに返済していたことがポイントになります。

 

返済が滞りがちだったり、ブラックリストに登録されていたりすると、新たにシングルマザーキャッシング審査に申し込みしたとしても落とされてしまう可能性が高いと言われていますので、ご注意ください。

 

また、現時点で他社に借入残高があるシングルマザーの場合、借入金額によってはシングルマザーキャッシング審査で落とされてしまうケースもあるようです。

 

居住地の条件

居住地の条件

シングルマザーキャッシング審査を通過するためには、日本国内に住所を持っていることも条件になります。

 

そのため、海外で生活しているシングルマザーが一時的にキャッシングを利用したいとしても審査に合格できない可能性がありますので、注意しましょう。
また、海外に籍を持っているシングルマザーの場合、審査前に外国人登録証明書などをご準備ください。