シングルマザーの母子家庭だとレディースローンのキャッシング限度額に違いがある?

MENU

女性向けローンはいくらまで借りることができる?

女性向けローンはいくらまで借りることができる?

母子家庭のシングルマザー向けに販売されているレディースローンは、融資額をいくらくらいに設定しているのでしょうか。

 

融資額が高ければ高いほどさまざまな目的にレディースローンのキャッシングを利用することができますし、利便性はさらに増すでしょう。

 

基本的にはほとんどのレディースローンキャッシング業者は融資額を最大500万円から800万円程度に設定しています。

 

ただし、最大融資額でレディースローンキャッシング業者と契約できるというわけではありません。

 

融資額の設定はシングルマザーの収入額などによりますので、ご注意ください。

 

ここでは母子家庭のシングルマザーに知っておいていただきたいレディースローンのキャッシング融資額についてお伝えしたいと思います。

 

少額で審査に申し込みすることがポイント

少額で審査に申し込みすることがポイント

母子家庭のシングルマザーは、レディースローンのキャッシング審査を受ける際に融資額を少額にすることがポイントとなるでしょう。

 

なぜなら、高額な融資額でキャッシング審査に申し込みした場合、落とされてしまう可能性が高くなると言われているためです。

 

数百万円もの融資額を必要とするシングルマザーはそう多くいないと思いますので、まずは数十万程度の融資額でキャッシング審査に申し込みすると良いかもしれません。

 

融資額は契約後に増額できる

融資額は契約後に増額できる

上記で説明していますように、レディースローンのキャッシング審査にシングルマザーが受かるためには、まずは少額の融資額で申請することがポイントになります。

 

後にまとまったキャッシングが必要になることもあるかもしれませんが、ご安心ください。

 

レディースローンのキャッシング融資額は契約後に増額してもらうこともできます。

 

ただし、融資額を増額してもらうためにはレディースローンキャッシング業者への信頼が重要になりますので、毎月滞りなく返済していることが求められるでしょう。

 

他社からの融資額も確認しよう

他社からの融資額も確認しよう

シングルマザーがレディースローンのキャッシング審査に申し込みする場合、他社からの融資額についてもチェックしておいたほうが良いかもしれません。

 

すでに他のキャッシング業者から融資してもらっている場合、その融資額によってはレディースローンのキャッシング審査に落とされてしまう場合があるためです。

 

また、他社に融資してもらっていると、レディースローンのキャッシング審査時に給与明細や源泉徴収といった収入証明書の提出が必要となる場合があります。